夏の体臭対策、臭い予防のために気を付けたい生活習慣

夏になって汗ばむ季節、体臭が気になりますよね。体臭は大量に汗をかく人だけにあるものではなく、実は日頃の生活習慣や食生活により体臭を強めてしまっていることもあるのです。

今回は体臭の原因と、体臭を改善させるために日頃から行える対策をお伝えします。

体臭の原因とは?

夏の体臭対策、臭い予防のために気を付けたい生活習慣

体臭の原因には皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺の3つあると言われています。まず皮脂腺は、皮脂を分泌し肌を乾燥から守ってくれます。しかし、皮脂に含まれる皮脂酸と身体の脂肪酸が酸化してできる過酸化脂質というものが臭いの原因となっています。

また、エクリン腺からはほとんどが水分である汗が分泌されます。そのままでは臭いはありませんが、雑菌の繁殖により臭いの原因になります。

さらに、アポクリン腺からも汗が分泌されますが、アポクリン腺から分泌される汗と脂肪酸が反応するとワキガのような強い臭いが発生します。

体臭対策

夏の体臭対策、臭い予防のために気を付けたい生活習慣

ではそんな体臭に対しての対策法をお伝えします。体臭の原因は汗や分泌物そのものよりもそこから雑菌が繁殖して臭いを放っていることがほとんどです。そのため、体をしっかりと清潔に保つことが体臭予防につながります。

そこで陥りやすいのが、入浴の際ゴシゴシと体をこすって汚れを落とすこと。体をゴシゴシとこするのは臭いを防いでくれている肌表面の常在菌を洗い流してしまうので余計に臭いが発生しやすくなります。

体を洗う際はしっかりと泡立てた泡で優しく洗いましょう。殺菌作用のあるボディソープもおすすめです。入浴方法に注意して身体の外側から臭いの対策を行いましょう。

生活習慣を見直そう

夏の体臭対策、臭い予防のために気を付けたい生活習慣

では、身体の内側からの対策についてもお伝えします。体臭とは体内から分泌されたものからの臭いがほとんどです。ということは、日頃からの食生活が臭いに関係しているとも言えます。

食事面ではまず、たんぱく質と脂質の取りすぎに注意しましょう。たんぱく質の過剰摂取はアンモニアや硫化水素を作り出す悪玉菌が増殖してしまいます。

また、脂質の過剰摂取も皮脂の分泌を促し、皮脂が酸化した脂肪酸脂質によって体臭を強めてしまいます。逆に、抗酸化作用の強い緑黄色野菜やきのこ類、ナッツ類は体臭を抑えるには効果的です。積極的に摂取しましょう。

体臭の原因を知って身体の外側、内側からの対策を

夏の体臭対策、臭い予防のために気を付けたい生活習慣

いかがでしたでしょうか?体臭の原因をまず知って、ご自身の生活スタイルや食生活を顧みてみましょう。

身体のゴシゴシ洗いや、肉類中心の生活は体臭を強めてしまっている可能性があります。身体の外側、内側両面からできる対策を行い、体臭の改善を行っていきましょう。