わき毛の自己処理、せっけんを使ってはいけない理由

多くの女性は無駄毛に関して気にされていて、自分で自己処理をしたりエステサロンや美容皮膚科などで脱毛をされている方も多いと思います。

特にわき毛に関しては夏場などは半袖になる為人目に付きやすい場所であり、脱毛を受けにまでは行かなくても、ご自分でせっけんを使って自己処理されている方って多いのではないでしょうか。


スポンサーリンク




わき毛の自己処理、せっけんはNG!

わき毛,処理,せっけん

お風呂に入っていると気にせっけんで泡立てて剃刀などを使って処理している、という方は多いと思いますが、実はその処理方法はあまりおススメできないんです。

とても手軽にわき毛の処理が出来るので、毎日でもやっているという方も多いと思うのですが、せっけんを使って行う自己処理というのは、お肌の表面まで傷つけてしまい肌の表面の角質までも一緒に削ってしまいます。


せっけんでムダ毛処理をすると肌荒れの原因に

わきの黒ずみを治す方法

そうすることで肌に炎症が起こったり、傷が付いたり、色素沈着を起こして黒ずんでしまうなどあまり肌にとって嬉しくないことばかりが引き起こされてしまいます。


わき毛の自己処理の肌荒れを防ぐ方法

二大有効成分でわきの黒ずみもニオイもケアするアットベリー

お肌の為には出来るだけお肌を傷つけない状態で無駄毛の処理を行う事が大切で、自己処理をした後にはしっかりと水分保持のために化粧水をつけたり乳液やクリームでケアするということが重要になってきます。

お風呂場での剃刀を使ったわき毛の処理は、剃刀によって肌表面に出来てしまった小さな傷から雑菌が入り込んで繁殖し、炎症を起こしたりすることもあるんです。

そういった肌トラブルを起こさないためにも、せっけんを使ったわき毛の自己処理はあまりおススメができないのです。