わき毛処理にピンセットを使うのがNGな理由

「わき毛にピンセットを使っている」という方、結構多いと思います。

確かに、カミソリを使ったわき毛処理と比べると、生えてくるまでの間隔が長くなりますから、その点は魅力的ですよね。

でも本当は、わき毛処理にピンセットを使うのはNGなのです。

NGな理由として考えられるのは、次の5点です。


スポンサーリンク




キレイに処理できないかも…

わき毛処理,ピンセット,NG

わき毛処理は鏡を見ながらの作業になるので、わき毛を直接見ながら処理することができない分、キレイに処理できない可能性が高いです。


炎症を起こすかも…

天然素材にこだわったワキの黒ずみケア・シルフィホワイト

ピンセットで無理にわき毛を抜くと、毛穴の内部が傷つく恐れがあります。

そして、その傷づいた部分から細菌が侵入することによって炎症を起こす可能性があります。


「埋没毛」ができるかも

ワキ汗とニオイ対策、制汗剤の種類と効果的な使い方

埋没毛というのは、ムダ毛処理の過程で毛穴が傷ついたり、毛穴がふさがれたりすることによって発生する、皮膚の中に埋もれた状態で成長してしまった毛のことです。

ピンセットでのわき毛処理は毛穴を傷つける可能性が高いので、この埋没毛ができやすいです。


「黒ずみ(色素沈着)」ができるかも…

メラニン色素と色素沈着

黒ずみというのは、皮膚に負担がかかった時の防御反応として「メラニン色素」が沈着することによって発生するもの。

ピンセットによるわき毛処理は皮膚に大きな負担をかけてしまうため、その分黒ずみが起こりやすいです。


毛穴が目立つようになるかも…

わき毛処理,ピンセット,NG

全ての理由に関わってくるのですが、炎症・埋没毛・黒ずみによって、わきの毛穴が目立つようになる可能性があります。

以上が、わき毛処理にピンセットを使うのがNGな理由です。


これだけのリスクが潜んでいるとなると、「ピンセットでのわき毛処理はもうやめよう」、そう感じると思います。

ピンセットを使ったわき毛処理によるトラブルに見舞われて大変な思いをすることのないように、これを機にピンセットを使ったわき毛処理はやめた方がいいかもしれませんね。

脇下のムダ毛ケア後の保湿におすすめ!

脇下のムダ毛ケア後の保湿におすすめ!

豆乳ローション

愛用者が年間25万人を超える人気アイテム!塗るだけ1分のムダ毛対策化粧水です。

足・腕・ワキなど気になる部位に塗るだけでとっても簡単!
使い続けるほど、自己処理頻度が減り、ムダ毛のお手入れが楽になるというスグレものです。

大豆・アイリス由来のイソフラボンがムダ毛に働きかけ、
パパイン酵素が成分の浸透をサポート!

美容成分もたっぷり配合されているので、自己処理による肌荒れ、毛穴の黒ずみやブツブツを防ぎ、ワントーン明るい透明感のある素肌に導きます。

腕・足・ワキはもちろん、お顔のうぶ毛ケアなど全身に使えます。

スポンサーリンク