入浴中にわき毛処理をするのがおすすめできない理由

わきのムダ毛処理は入浴中にせっけんを使って処理するという人が、多いと言います。

しかし、入浴中のわき毛処理には、いろいろなリスクがあり、あまりおすすめできません。

きれいにわき毛を処理しながら、肌へのダメージを最小限にするためには、入浴中のわき毛処理がNGな理由をまとめました。


お風呂でわき毛の処理をするのがNGな理由

わきの臭い,入浴,方法

入浴の際にわき毛の処理をお風呂場で済ますという人が多いでしょう。

ですが肌のダメージを考慮するとお風呂場でわき毛の処理をすることは避けた方がよいです。

入浴し体が温まると毛穴が開くので、この状態でカミソリでわき毛を処理すると毛穴の開いた部分をキズつけてしまうからです。

またm入浴すると肌の表面がふやけて柔らかくなるから、カミソリが肌の表面を傷つける恐れがあります。

カミソリで剃った後の肌がヒリヒリするといったカミソリ負けが入浴時に処理すると最も起こりやすくなるんです


わき毛の処理は就寝前がベスト

わき毛,処理,お風呂

それではいつわき毛の処理をすればいいのかというと、就寝前です。この時間帯が、最も肌へのダメージは少なくて済みます。

しっかりと肌を乾かし平温に戻ると毛穴が閉じた状態となるので、カミソリ負けを起こしにくくなります。

さらに処理した後で乳液、クリームをつけてから就寝するようにしましょう。わき毛の処理のダメージを一晩で回復することが可能になります。

さらに睡眠中は毛が生えるスピードが起きている時より遅いので、寝る前にしっかりとわき毛の処理を行えば朝はそのまま外出することが可能です。


紫外線のダメージ防止としても

もう見られても怖くない!? ワキの黒ずみ対策ジェル・ピューレパール

もう一つ、就寝前がわき毛の処理におすすめな理由として、紫外線を挙げることが出来ます。

ムダ毛を処理後の肌は紫外線に非常に弱く、カミソリで処理した後に起こる黒ずみは紫外線を浴びると悪化してしまいます。

ですから、就寝前にムダ毛を処理を行なうことで弱った肌を紫外線にさらす必要がなくなるというわけです。