わきの下の洗いすぎが黒ずみの原因になるって本当?

わきの下を清潔に保つのは、季節にかかわらず大切なことですよね。しかし、きれいにしようとして過剰に洗ってしまうと、かえって黒ずみやにおいの原因になってしまうことをご存知でしょうか。

わきの下の洗いすぎが黒ずみの原因になってしまうとは、どういうことなのか、解説します。


わきの下の洗いすぎが黒ずみや臭いの原因になる

わき,洗いすぎ,黒ずみ

なぜ、洗いすぎがわきなどの体臭に良くないのかというと、洗いすぎが原因で皮膚にダメージを与えてしまうからです。

皮膚にはものすごい数の細菌がくっついており、その中で良い細菌と悪い細菌に分かれます。

皮膚に良い最近は「表皮ブドウ球菌」と呼ばれているもので、健康な皮膚状態を保つにはこの細菌の働きがとても重要です。


肌に必要な菌まで洗い流すのはNG

わきの臭い対策用せっけん選び方

しかし、わきなど体を洗うという行為は、皮膚の表面にいる「表皮ブドウ球菌」を洗い流すことと同じです。

表皮ブドウ球菌が皮脂や汗を食べてくれて、皮膚を酸性に保ってくれて、悪臭を減らしてくれます。

シャワーで洗い流すだけで、8割方「表皮ブドウ球菌」がなくなってしまうと言われています。

そこでゴシゴシと洗いすぎてしまうと、99%くらい表皮ブドウ球菌がいなくなってしまう恐れがあります。


洗いすぎによるわきの黒ずみが起こるメカニズム

わきの黒ずみを治す方法

表皮ブドウ球菌は少なくなっても、すぐに繁殖して元通りにしようと頑張ってくれますが、99%も減ってしまっては、回復するのも難しくなります。

回復が遅くなってしまうと、そのあいだにどんどん悪い菌が入ってきてしまい、その結果、わきの黒ずみの原因となってしまう皮脂や古い角質や悪い細菌が溜まってしまい、黒ずみを引き起こしてしまう要因となってしまうのです。


わきの黒ずみを予防する洗い方とは

脇の黒ずみが起こる原因とメカニズム

黒ずみを引き起こす要因を作らないためには、強い力でゴシゴシと洗いすぎないよう、しっかりと泡を立てて、優しい力で洗うことで悪い細菌をためにくい環境を作ることが重要だと言えます。

また、洗浄力が強すぎるせっけんもあまりおすすめできません。

わきを洗ったあとは、きちんと保湿ケアし、黒ずみ予防も行いたいですね。